Search

mu…

handmade candle,zakka,,,from NIIGATA

How to use

≪準備1≫

IMG_1930

使用前にタグを取り外します。
ホコリがついている場合は外したタグで拭き取ってください。

≪準備2≫

IMG_1936

mu…のキャンドルは芯が長めについています。
ハサミで根本から1cmくらいの長さにCUTしてください。

≪点火≫

IMG_1938

お皿に乗せ、キャンドルの芯をまっすぐに立てて火をつけます。
柄の長いライターだとスムーズに火をつけられておススメ◎

point

▲火を灯す際は必ず安定した平らな場所に置きましょう。
*周りにカーテンや紙などの燃えやすいものが無く、
小さなお子さんやペットの手の届かない所に置いて使用してください。
▲小さいサイズはロウ垂れや底から熱も伝わりやすいため、
キャンドル用のお皿を必ずご使用ください。

≪点火中≫

IMG_1941

空調などの強い風が当たる場所に置くと黒い煙が出てススの原因になり
燃焼時間も短くなってしまいます。炎が揺れない場所が最適です◎

point

▲点火中はそばを離れないでください。
寝るときやその場を離れる時には火を消してから。

▲途中で火が消えたり、炎が小さくなるのは溶けたロウに芯が埋っているのが原因です。
キャンドルに溜まっているロウを飲料用紙パックなどに捨てて下さい。
(捨てたロウは紙パックごと燃えるゴミで廃棄してください)

≪消火≫

IMG_1952芯をピンセットなどでつまんでロウの中に倒して火を消し、
すぐに芯を起こして下さい。

IMG_1958

溶けたロウを捨てます。(そのまま固まってしまうと芯が埋まり、再点火しにくくなります。)

point

▲mu…のキャンドルは強度を上げ、耐久性への配慮をしていますが
長時間の高温・直射日光は変色、変形の恐れがあります。

特に燃やし終わったキャンドルは変形しやすくなっていますのでご注意ください。

 

© 2017 mu… . All Rights Reserved.